おすすめTED No.005 マイケル・グリーン「2030年までにより良い世界を作るには」

2030年までにより良い世界を作るには

 

内容まとめ

各国政府は2030年までに世界の数々の問題は大きく改善するとしているが、それを実現させるために我々市民は何をするか?というお話。

その進捗を図るために、経済成長を含めないSocial Progress Indexという指標を使い、評価する。GDPが増える=社会が豊かになるではなく、経済成長がなくても大きな社会進歩を達成するのは可能である。逆に大規模な経済成長があっても、一部の富裕層だけが富んで他の人々を置き去りにするなら意味がない。

そしてその進捗は「市民による通知表」で評価することができる。これを毎年アップデートし、 データをまとめ、世界の指導者に説明責任を果たさせる必要がある。

 

感想

英語が平易でわかりやすくて勉強にいい動画です。

こうやって一つ一つ改善解決までの道のりが見える化されているといい感じですね。このポイントだと日本なんかのランクも高いですが、日本の場合は何よりも経済成長という気もするしどうなんでしょうねえ。

ほんとうに2030年までに何でもかんでも解決するとは思えないし、 悪化することや新しい問題も出てくると思いますが、 技術の革新などで日々確実に改善することも多いと思います。

21世紀は世紀末にいろいろ言われたような破滅への道を真っ直ぐ突き進むことはないと思いますが、これから後80年、どうなるのでしょうね。このスピーチが行われた2015年よりは、確実に世界は混乱に陥っているような気がしてなりませんが…