加藤優『900点特急パート5&6』の内容・レビュー・おすすめの勉強法

『900点特急パート5&6』の内容・構成

タイトル 900点特急パート5&6
著者 加藤優
発売日 2011年9月7日
ジャンル TOEIC Part5&6参考書
収録内容 Part5-100問 Part6-30問
対象レベル TOEIC800-990

 

『900点特急パート5&6』のレイアウト

いつもどおりの特急シリーズ。解説が詳しい。

 

『900点特急パート5&6』レビュー

900点特急は自分も900点を超えた後に何度もやった問題集です。難易度としてはかなり高めで、初見で解いてみるとかなり歯ごたえがあるでしょう。TOEIC頻出ではないけど再現度が高い…という、一見矛盾するようですが経験者から言えばまさに!なパターンが凝縮されています。

普通の問題集で「語形問題」のように表される数秒でやっつける問題は少なく、パっと見「文法問題なのか?語彙問題なのか?」みたいな部分を判別するところも戸惑う物が多いです。本試験で言うとpart5の後半に1,2問あって、試験後に話題になるような問題が集まっている感じですね。

現状600点、700点が目標の人はやらなくていいと思うけど、800点目標くらいから…そしてタイトル通りの900点が目標のような人は必ずやるべき本です。2011年の本で少し古いと心配になる人もいるかもしれませんが、今やっても全然大丈夫。続編も出ているので、興味があったらそちらも見てみると良いでしょう。

 

『900点特急パート5&6』Twitterでの評判・口コミ

 

『900点特急パート5&6』のおすすめの勉強法

特急シリーズということで分量は少ないですが、密度が濃いので舐めてかかるとけっこう大変な目に会います。また、適当に解いて答えを見て~というパターンで答えを覚えてしまうとかなりもったいないので、真剣に取り組み、解説をきっちり読んで、完全に理解するまでマスターする気持ちでやりましょう。解説も的確でかなり詳しいので、高難度問題集ですが、この問題集に手を出すレベルくらいの人なら基本的にはすべて納得して正解の根拠を選ぶことができると思います。