【iPhone/iPad】ついに登場!究極のTOEIC単語集「金のフレーズ」のアプリが凄すぎる!

f:id:smartapps:20160516235246p:plain

TOEIC単語集といえば「金フレ」。ついにその学習アプリが登場。

 

2012年に発売されて以来、TOEIC特急シリーズの「金フレ」は

TOEIC対策における最高の単語集の地位を維持し続けてきました。

著者のTEX加藤氏は990点を50回以上取得、30連続以上の990点などの記録を持つ、

問題作成者を除けばおそらく「日本で一番TOEICを知る男」です。

本試験での的中率や使いやすさも、amazonのレビューを見れば一目瞭然。

そんな「金フレ」につい先日、待望の学習アプリが登場しました。

iPhone/iPad版が存在。Android版はまだ無し。

アプリにはiPhone版とiPad版があり、どちらかに課金すればどちらも使る。

中身はどちらも同じなので、今回はiPad版のアプリを見ていくことにします。

トップ画面

f:id:smartapps:20160602103347p:plain

アプリを開くと、レベル別のカテゴリと、単語帳学習、リスニング学習の

パネルが表示されます。ここが基本画面。

演習メニュー

レベル別のパネルをタップすると、演習メニューになります。

f:id:smartapps:20160602103746p:plain

中はセットごとに分割されている。1セット10問の構成なので、

600点レベルなら全40セット。「Set 1」をタップしてみよう。

学習モードは3種

 

f:id:smartapps:20160602104150p:plain

学習モードは3種類あります。

フレーズを覚える」は単純に単語を順に見ていって眺めて覚えるもの。

覚えたフレーズを確認する」は基本的には「フレーズを覚える」と同じだが、

日→英、英→日、の他に、音声→英&日という確認ができることと、

正解したかどうかマークできる機能がある。

問題にトライする」が、おそらくみなさんもこれ目的でアプリを使うであろう、

問題演習機能となる。画面写真付きで順に各モードを詳しく見ていこう。

①フレーズを覚える

f:id:smartapps:20160602105821p:plain

学習の開始前に設定外面になる。英文→訳or訳→英文、の選択と、

音声の速度、そして表示設定をすることができる。

表示設定の「フレーズを表示」がONになっていると最初から

英文も訳文も表示されている状態になるので、

おすすめは「表示」2つともOFF

f:id:smartapps:20160602110046p:plainf:id:smartapps:20160602110059p:plain

学習をスタートすると(画面は日→英設定)、最初に訳文が表示され、

下部ボタンをタップすると英文が表示される。そこから「さらに表示」をタップすると

f:id:smartapps:20160602110250p:plain

単語の詳細と、TEX加藤先生のひと言コメントが表示される。これは実本と同じもの。

このようなコメントが記憶の引っ掛かりになったりするため、実は結構重要だ。

「フレーズを覚える」モードでは、単語カードのような感じでこれを10問1セットで

進行していくことになる。このモードに関しては、実際の本のほうが覚えやすい、

という人もいると思うので、好みが分かれるかもしれない。

②覚えたフレーズを確認する

続いて2つ目の学習モード、「覚えたフレーズを確認する」を見ていこう。

まずは同様に設定画面。

f:id:smartapps:20160602111142p:plainf:id:smartapps:20160602111147p:plain

似たような設定画面だが、「フレーズ音声からフレーズ」が加わっているのがわかる。

また、下にスクロールすると「絞り込み」メニューがあり、マークした問題や

不正解だった問題のみを出題したり、セット内の問題の順番も変更できる。

f:id:smartapps:20160602120428p:plainf:id:smartapps:20160602120435p:plain

学習画面はこんな感じ。

基本的には「フレーズを覚える」と差はないが、問題がわかったか動画を

マルバツでチェックする事ができる。これを基準に2回め以降は、出題範囲を

絞ったりすることができる。また、左下のペンのマークを押すと問題をマーク

することもできる。

③問題にトライする

ここがこのアプリのキモ。「暗記は本でしたい」という人も多いでしょうが、

こういう問題演習はアプリでなければ出来ません。では、見ていきましょう。

f:id:smartapps:20160602133112p:plain

「問題にトライする」の設定画面はシンプル。問題の種類も英文穴埋めしかない。

が…ここで注目なのはやはり、「解答方法」だろう。

なんと、手書きorキーボードで単語を直接入力する方式なのだ!

これはこの手のアプリではありそうで意外にない。

単語学習アプリは4択クイズのものが多く、手軽ではあるが、選択肢で意味を覚えて

しまったり、ひどいものでは自動生成の選択肢で、あきらかに変な選択肢が並び、

消去法で簡単に解けてしまって勉強にならなかったりする。しかしこれなら…

f:id:smartapps:20160602133702p:plainf:id:smartapps:20160602133710p:plain

きちんと単語を記憶していないと解けない。これはかなり歯ごたえがある。

しかも手書き認識で回答することによって、「書いて覚える」学習にもなり、

インプットとアウトプットが同時に出来てまさに一石二鳥!

単語を書いて回答するのは難しいと思うかもしれないが、

全部入力して正誤判定をするのではなく、一文字ごとに正解なら次の文字にいける、

という方式(例えばanywayなら、aを入力すると次のnを入力できるようになる。

aの次にn以外の文字を何度入力しても3文字目には進めない)なので、

途中まで出てくるが語尾がわからない、というようなときにも途中までは

正解していることがわかり、なんとかして思い出す、というように脳が動くため、

正解できなかった場合でもかなり記憶に残る仕組みとなっている。

f:id:smartapps:20160602134259p:plain

1セット終了後は結果画面になり、ここで気になった問題などをマークできる。

あとは学習したいセットをどんどん進め、毎日復習してやり込むだけだ。

単語帳機能

 

さて、レベル別パネルの学習メニューを紹介してきたが、

トップメニューからは他にも「単語帳」機能が使える。

使い方はタップして開いてみればすぐにわかるが、

f:id:smartapps:20160602135220p:plain

金フレの掲載単語が一覧でパネルのように表示されている。

間違った問題やマークした問題はそれぞれのマークも表示されており、

どの単語の学習状況がどういう状態なのかがひと目で理解できる。

もちろん単語のパネルをタップすれば、その単語の詳細が確認できる。

さて、ここまで紹介してきたが、

もしかしてまだ「金フレ」の実物を持っていない人がいるかもしれない。

それであればアプリだけでなく、同時に実本を購入することもおすすめする。

アプリのほうが便利な面も、実本のほうが便利な面もあるからだ。

2012年に「金フレ」がリリースされ売れに売れて以来4年が経つが、

本アプリの登場はむしろかなり遅かったといえます。このアプリにより、

英語が楽しく反復演習できるようになれば、「英語難民」「TOEIC難民」

は大幅に減少することでしょう。

f:id:smartapps:20160516235246p:plain